沿革・認定届け出事項

沿革

昭和21年11月 安田外科医院開設
昭和52年10月 安田外科胃腸科医院開設(19床)
昭和63年10月 医療法人社団仁慈会設立
昭和63年11月 人工透析棟増築
平成4年3月 安田病院開設(100床)外科、内科、消化器科、循環器科、整形外科、脳神経外科、
人工腎センター、リハビリテーション科、開設
平成6年10月 老人訪問介護ステーション さくら開設
平成9年5月 安田病院西館増築、
増床90床(総病床数190床)
呼吸器科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、開設
平成9年6月 老人デイ・ケアこすもす開設
平成10年5月 麻酔科開設
平成11年12月 居宅介護支援センター開設
平成15年1月 介護老人保健施設まお開設 入所72名
通所リハビリテーションこすもす 40名
平成16年8月 透析室拡張(透析用32床)
平成18年10月 救急病床3床増床(西3・西4病棟)
総病床数193床
平成19年2月 外来診療室改装及び外来処置室
増設(点滴用9床)
平成19年5月 婦人科開設
平成19年8月 通所リハビリテーション
利用定員変更(60名)
平成26年10月 病床編成 一般病床113床
(一般急性期 57床 地域包括ケア病棟56床)
平成27年4月 定期巡回サービス ひまわり開設

認定届け出事項

指定・認定事項

 

昭和53年2月 労災保険指定医療機関
昭和63年11月 生活保護法による医療機関
身体障害者福祉法による医療機関
被爆者一般疾病医療機関
結核予防法による医療機関
更生医療による医療機関
平成4年5月 不在者投票施設指定
平成6年4月 病院群輸番制病院
(竹原サブ医療圏二次救急医療)の指定
平成6年10月 労働保険指定訪問看護事業者指定
平成7年4月 日本透析医学会認定施設
平成8年1月 竹原広域行政組合消防本部
救急研修施設
平成8年2月 在宅障害者健康診査事業委託契約
(竹原市)
平成10年11月 広島県立保健福祉大学
臨床実習施設指定
(理学療法科)
平成12年3月 広島国際大学実習機関指定
平成12年9月 日本脳神経外科学会専門医師訓練
場所指定
平成13年1月 病院機能評価認定病院
平成13年4月 原子爆被害者健康診断委託病院
平成13年5月 労災二次健診医療機関指定
平成18年4月 日本循環器学会指定循環器研修関連施設
平成20年4月 DPC対象病院
平成23年8月 電子カルテ導入

 

 

広島社会保険事務局への届出に関する事項

当院は以下の項目について、施設基準に適合している旨の届出を行い、所定の診療報酬を算定しています。

【基本診療科の施設基準等の届出に関する事項】
当院は次に掲げる諸施設基準の届出を行っています。

・入院基本料   一般病棟入院基本料[10対1入院基本料]、療養病棟入院基本料  
・特定入院料   亜急性期入院医療管理料(I) (8床)  
・初、再診料、入院基本料等加算   電子化加算、診療録管理体制加算、医師事務作業補助体制加算50対1、  療養環境加算(西病棟)、療養病棟療養環境加算(東病棟)、重症者等療養  環境特別加算、超重症児(者)入院診療加算・準超重症児(者)入院診療加算、  栄養管理実施加算、褥瘡患者管理加算、退院時調整加算、後期高齢者総合  評価加算、後期高齢者退院調整加算、薬剤管理指導料  
※平成20年4月1日から厚生労働大臣が指定するDPC対象病院になりました。  対象病棟は、西病棟(亜急性期入院医療管理料算定病室は除く)で調整係数は1.0067です。  

【特掲診療料の施設基準等の届出に関する事項】
当院は次に揚げる諸施設基準の届出を行っています。

・医学管理等   薬剤管理指導料、喘息治療管理料、医療機器安全管理料(I)  
・検査関係   検体検査管理加算(I)(II)、血液細胞核酸増幅同定検査  
・画像診断関係   単純CT撮影(マルチスライスCT)  
・注射関係   外来化学療法加算(II)  
・リハビリテーション関係   脳血管疾患等リハビリテーション料(I)、・運動器リハビリテーション料(I)、呼吸器リハビリテーション料(I)、集団コミュニケーション療法料  
・手術関係   脊髄刺激装置植込術又は脊髄刺激装置交換術、頭蓋内腫瘤摘出術等、  鼓室形成手術等、・肺悪性腫瘍手術等、・経皮的カテーテル心筋焼灼術、  靱帯断裂形成手術等、水頭症手術等、鼻副鼻腔悪性腫瘍手術等、尿道形成  手術等、肝切除術等、子宮附属器悪性腫瘍手術等、上顎骨形成術等、上顎骨  悪性腫瘍手術等、バセドウ甲状腺全摘(亜全摘)術(両葉)、母指化手術等、  内反足手術等、食道切除再建術等、同種腎移植術等、人工関節置換術、 ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術、冠動脈、大動脈バイパス 移植術(人工心肺を使用しないものを含む。)及び体外循環を要する手術、  経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈粥腫切除術及び経皮的冠動脈ステント 留置術、大動脈バルーンパンピング法(IABP法)  
・麻酔関係   麻酔管理料        

【食事療養に関する事項】
当院は次に揚げる諸施設基準の届出を行っています。

・入院時食事療養費関係  
入院時療養(I)  
当院は入院時療養(I)の届出を行なっており、管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供しています。

【保険外併用療養費制度の実施について】
選定療養

1、特別の療養環境の提供(差額室料)
.png

2、入院期間が180日を超える入院に関する特別の料金   一般病棟入院基本料等通算対象入院料を算定している期間が180日を超えた入院については、特別な状態等にある場合を除き患者様の自己の選択に係るものとして、特別の料金をお支払いいただきます。
.png
この表中、「後期高齢者」とは、後期高齢者特定入院基本料のことであり、後期高齢者保険で入院期間が90日を超える患者様を示します。

人間ドック関係

.png



リンク集 プライバシーポリシー サイトマップ